セガサミーフェニックスとは? – まとめwiki –

雀士・チーム紹介

セガサミーフェニックスは、日本のプロ麻雀チーム。Mリーグに所属している。監督は高畑大輔、オーナーはエンタテイメント企業グループ「セガサミーグループ」が務めている。

セガサミーフェニックスの歴史

チーム設立

2018年、サミー株式会社をスポンサーとするセガサミーフェニックスが結成され、第1回Mリーグに参加する7チームのうちの1つとなった。

第1回ドラフト会議2018

主要麻雀プロ5団体(日本プロ麻雀連盟・最高位戦日本プロ麻雀協会・日本プロ麻雀協会・RMU・麻将連合)に所属する麻雀プロとの交渉権を獲得。

その結果、初代のチーム選手として、魚谷侑未プロ、近藤誠一プロ、茅森早香プロが選ばれた。

Mリーグ2018レギュラーシーズン

2018年第1回レギュラーシーズンでは、最終成績第6位の成績となりファイナル進出はなりませんでした。

チームとしては残念な結果に終わりましたが、最後の一戦は見事1着で終えることができたセガサミーフェニックス。

最後の一戦とだけあって、チームランクの6位をキープするために守りに入るか、この一戦だけでもトップを狙うか非常に悩み苦しんだと話す近藤プロ。

最後のこの試合だけを見れば、悪い終わり方ではなかった。こういうめぐり合わせだったということだと思いますと、続けて話しました。

また個人成績では、近藤プロが半荘数24、スコア144.4、平均打点7409で第5位となった。

第2回ドラフト会議2019

昨年の3名の契約更新を終えたセガサミーフェニックス。

2019年からは1チーム4名となり、さらに男女混合が義務化された。

すでに女性が2名いるため、選手を取らないという選択も考えられたが、和久津晶プロとの交渉権を獲得した。

チーム名選手名&ドラフト指名権
セガサミーフェニックス近藤誠一茅森早香魚谷侑未和久津晶
赤坂ドリブンズ園田賢鈴木たろう村上淳丸山奏子
EX 風林火山滝沢和典 二階堂亜樹 勝又健志なし
渋谷 ABEMAS多井隆晴松本吉弘白鳥翔日向藍子
KONAMI 麻雀格闘倶楽部佐々木寿人前原雄大高宮まり藤崎智
U-NEXT Pirates朝倉康心小林剛石橋伸洋瑞原明菜
TEAM RAIDEN黒沢咲萩原聖人瀬戸熊直樹なし
KADOKAWA サクラナイツ内川幸太郎岡田紗佳沢崎誠なし

セガサミーフェニックスの選手・監督

魚谷侑未プロ

  • 名前:魚谷 侑未(うおたに ゆうみ)
  • 誕生日:1985年11月2日
  • 年齢:33歳
  • 出身地:新潟県
  • 所属:日本プロ麻雀連盟
  • プロ歴:11年
  • 実績:第6・7期女流桜花、第16回日本オープン

2018年の対戦成績:個人スコア-249.1pt、平均打点6,110、4着回避率0.67、半荘数27となっている。

近藤誠一プロ

  • 名前:近藤 誠一(こんどう せいいち)
  • 誕生日:1963年8月1日
  • 年齢:55歳
  • 出身地:兵庫県
  • 所属:最高位戦日本プロ麻雀協会
  • プロ歴:23年
  • 実績:第37・40・41期最高位

2018年の対戦成績:個人スコア144.4pt、平均打点7,409、4着回避率0.71、半荘数24となっている。

茅森早香プロ

  • 名前:茅森 早香(かやもり さやか)
  • 誕生日:1982年5月4日
  • 年齢:37歳
  • 出身地:北海道
  • 所属:日本プロ麻雀連盟
  • プロ歴:19年
  • 実績:第11期女流最高位

2018年の対戦成績:個人スコア-65.4pt、平均打点7,873、4着回避率0.79、半荘数29となっている。

和久津晶プロ

  • 名前:和久津 晶(わくつ あきら)
  • 誕生日:1978年2月17日
  • 年齢:41歳
  • 出身地:東京都
  • 所属:日本プロ麻雀協会
  • プロ歴:
  • 実績:

髙畑大輔監督

  • 高畑 大輔(たかはた だいすけ)
  • 誕生日:1981年
  • 年齢:38歳
  • 出身地:北海道

2016年に、株式会社セガ・インタラクティブ第二研究開発本部アシスタントマネージャーに就任し、人気麻雀アプリ「MJ」の開発担当などを手がける。

セガサミーフェニックスのブログ


画像元:https://m-league.jp/teams/phoenix/

公式ブログ

■チームの紹介

エンタテイメント企業グループ「セガサミーグループ」によるチーム。

不死鳥のように、不撓不屈の精神で最後まで諦めず戦います。

人気麻雀アプリ「MJ」を担当する高畑大輔が監督を務めます。

公式ブログはオフィシャルサポーター限定のサービスとなっている。

オフィシャルサポーターは、Mリーグ公式ページからの登録と年会費6500円(税別)が必要。

サポーター登録はこちらから


画像元:https://m-league.jp/teams/phoenix/

また、Mリーグの公式サイト内におけるチームの紹介ページでは、選手のプロフィールや昨年の対戦成績が掲載されている。

Mリーグ公式ページ「セガサミーフェニックス」

セガサミーフェニックスのTwitter


公式ツイッター

公式ツイッターでは、チームの近況報告やファンミーティング、オフショットなどを中心に投稿している。

選手の契約更新についてや、試合に関する情報などもツイッターで見ることが可能。

セガサミーフェニックスのグッズ


画像元:https://m-league.jp/teams/phoenix/

Mリーグ公式サイトにて、の公式グッズが購入可能。

販売されている商品は、選手の写真がプリントされたうちわや、チームのロゴが入った服やキーホルダー、クッション、スマホケース、バルーンなどとなっている。

またこちらのグッズ購入にも、年会費が必要なオフィシャルサポーターとなる必要がある。

グッズ販売ページ

セガサミーフェニックスのスポンサー

スポンサーはエンタテイメント企業グループ「セガサミーグループ」が務める。

2003年12月、サミーがセガ(後のセガゲームス)を買収、それに伴う経営統合で2004年10月1日に設立された。また、2005年8月31日に、社会人野球チームの「セガサミー硬式野球部」を創部した。

過去に陸上部及びスノーボード部もあったが、2008年3月31日をもって廃部した。東京証券取引所第1部上場(証券コード:6460)。

2012年に韓国パラダイスグループとの合弁会社「パラダイスセガサミー」を設立し、仁川国際空港傍に韓国初の統合型リゾート「パラダイスシティー」が2017年4月に開業。

2014年5月からは、グループの構造改革を実施している。2015年4月にはセガサミーグループの再編が実施され、子会社の内、セガゲームス(セガから商号変更)、セガ・インタラクティブ(セガからアーケードゲームなどのアミューズメント機器の開発・製造・販売部門を新設分割で設立)、セガトイズ、トムス・エンタテインメント、マーザ・アニメーションプラネット、サミーネットワークスの各社は、セガから新設分割で設立された中間持株会社セガホールディングスの子会社となった(セガサミーホールディングスにおいてはセガホールディングスの子会社は孫会社となる)。

なお、サミーネットワークスは2016年4月にセガホールディングスの子会社からサミーの子会社となっている。

2015年9月には遊技機事業の構造改革も発表され、主に2012年3月期から4期連続で赤字決算が続いていたタイヨーエレックで構造改革が行われ、タイヨーエレックでは希望退職の募集を行った他、瀬戸工場を閉鎖した上で生産機能をサミー川越工場へ移転した。

2018年7月17日、麻雀プロリーグ「Mリーグ」に参加。「セガサミーフェニックス」をスポンサードする。

2018年10月1日にグループ経営強化に向けたグループ横断的組織再編が実施され、セガサミーホールディングス、セガホールディングス、サミーに分散していた管理機能並びに、セガホールディングス、セガゲームス、サミーに分散していたライセンス機能をそれぞれセガサミーホールディングスへ集約した。

引用:Wikipedia

コメント

タイトルとURLをコピーしました