Mリーグとは?ルールを知って麻雀公式戦を100倍楽しく見る方法!!

Mリーグとは、チーム対抗形式の麻雀のプロリーグになります。

将棋や囲碁はプロスポーツ化しているのに対して、麻雀だけはメジャーなプロリーグ戦はないのはおかしいという業界の意見から、2018年についに発足。

野球などと同じように、レギュラーシーズンとファイナルシーズンに分かれ、リーグ戦を繰り広げます。

それぞれ大和証券と朝日新聞がメインスポンサーとなり、試合に勝つことで莫大な報奨金を受け取ることができます。

Mリーグを設立・運営するのは誰?

Mリーグを運営するのは、一般社団法人Mリーグ機構になります。

運営責任者には、渋谷に本社を構える「サイバーエージェント」という会社の創業者であり社長でもある藤田晋。

また、最高顧問にはJリーグの初代チェアマンでもある川淵三郎。

■「Mリーグ」概要

【名称】 一般社団法人Mリーグ機構

【役員】

  • 最高顧問  日本トップリーグ連携機構 代表理事会長 日本サッカー協会 相談役 川淵三郎
  • 代表理事  株式会社サイバーエージェント 代表取締役社長 藤田晋
  • 理事      株式会社コナミアミューズメント 代表取締役社長 沖田勝典
  • 理事        株式会社セガ・インタラクティブ 代表取締役副会長 山下滋
  • 理事        株式会社テレビ朝日 代表取締役社長 角南源五
  • 理事        株式会社電通 執行役員 石川豊
  • 理事        株式会社博報堂DYメディアパートナーズ 取締役常務執行役員 五十嵐真人
  • 理事        株式会社U-NEXT 代表取締役社長 堤天心
  • 監事      株式会社井上ビジネスコンサルタンツ 代表取締役 井上智治

【所在地】東京都港区海岸2丁目1番16号

【活動開始】2018年7月

Mリーグ参加選手の年俸や賞金額はいくら?

一番気になるお金の問題ですが、なんとリーグ参加チームの所属選手には、最低でも年俸400万円が保証されています。

さらに、優勝賞金として5000万円、準優勝者には2000万円、3位には1000万円が支払われます。

Mリーグの試合の流れやルールは?

2000人以上いるプロ雀士の中から、わずかに選ばれる選手の数は21名(2018年)です。

その中から、さらに12名がファイナルシリーズへと足を進めることができます。

レギュラーシーズンは合計80試合開催されます。

ファイナルシリーズは、3月頃から合計8日間かけて開催され、1日3試合、合計24試合開催されます。

各4チームはレギュラーシーズンの獲得ポイントの半分を引き継いで、ファイナルシリーズに参加します。

なと、チーム優勝の他に、個人賞の「個人スコアランキング」「平均打点ランキング」「4着回避率ランキング」のそれぞれ上位1名に、シルバーメダルが贈呈されます。

詳細な麻雀のルールはこちらのサイトを御覧ください

Mリーグ2019年の年間スケジュール

Mリーグの2019年シーズンは10月からの開幕となります。

第二期を迎えるにあたって、さらなる麻雀の健全化を目標に、新たなファン層を迎え入れ、世代を問わずに楽しめる頭脳スポーツとして、社会に受け入れられることを目指しているとのこと。

2019年からの新しいレギュレーションでは、チームの選手数の上限を4人に増やし、さらに男女混合にすることをルール化しました。

6月  契約更改選手の公表

7月  ドラフト会議、指名選手の公表

8月  2019シーズン契約選手ならびにチーム構成の公表

10月  2019シーズン開幕

Mリーグの視聴方法とは?

Mリーグのドラフト会議の様子や試合中継、さらには過去の試合の放送などは「AbemaTV」で視聴することが可能です。

2018年レギュラーシーズンの試合の視聴はこちらから

Mリーグに関する放送の視聴はこちらから

公式YouTubeチャンネルはこちらから

Mリーグの禁止事項

Mリーグは麻雀をスポーツとして楽しむための競技であり、賭博目的ではありません。

そのため、リーグ戦に参加中の選手は、一切の賭博行為を禁止されています。

もし賭博への関与が発覚した場合、即時解雇という規定が定められています。

逆にそれ以外は、特別厳しい規則などはなく、一般的なスポーツ選手と同様に、一般的なモラルとマナーを持って試合に挑むことが必要です。

試合中は各チームごとのユニフォームを着る必要があり、これを着ずに試合に出場した場合も厳しい罰則があります。

Mリーグの開催場所・スタジオ

対局はすべて東京都港区の専用スタジオ・Mリーグスタジオで、開催されています。

また、対局の様子はすぐ近くにある施設で、パブリックビューイングで観戦することもできます。

観戦方法とチケット購入のご案内

観戦するためにはチケットが必要になります。

生観戦ではなく、映像越しなので自宅でモニター観戦するのとあまり変わりませんが、同じMリーグ好きたちが集まり、そこで一緒に観戦することは大きな魅力ではないでしょうか。

チケット購入はこちらのページから(1枚4000円)

会場名:TABLOID(EMPIRE)

会場場所:〒150-0022 東京都港区海岸2-6-24 TABLOID 2-A

◆ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線「日の出」徒歩1分/「竹芝」徒歩7分
◆JR山手線、京浜東北線「浜松町」徒歩12分
◆東京モノレール羽田線「モノレール浜松町」徒歩12分

Mリーグのスポンサーはどこ?

Mリーグのレギュラーシーズンのスポンサーは、2018年~2020年までは大和証券と決まっています。

■Mリーグレギュラーシーズンスポンサー概要

  • 企業名  大和証券株式会社 Daiwa Securities Co. Ltd.
  • 代表者  代表取締役社長 中田 誠司
  • 事業内容 有価証券等の売買、有価証券等の売買の媒介、取次又は代理、有価証券の引受等の金融商品取引業及び それに付帯する事業
  • 契約期間 2018年~2020年のレギュラーシーズン期間(予定)
  • 契約内容 Mリーグレギュラーシーズンの冠スポンサー(予定)

ファイナルシリーズのスポンサーは、株式会社朝日新聞社です。

2018年に引き続いて、2019年もスポンサーを務めることとなり、年間契約となっている様子。

■「Mリーグ」ファイナルシリーズスポンサー概要

  • 企業名 株式会社朝日新聞社
  • 代表者 代表取締役社長 渡辺 雅隆
  • 事業内容 日刊新聞の発行ほか
  • 契約期間 2019年3月1日~3月31日のファイナルシリーズ期間(予定)
  • 契約内容 Mリーグファイナルシリーズの冠スポンサー

Mリーグのオフィシャルサポーターとは?

Mリーグには、オフィシャルサポーターという制度があります。

7つのチームの中から、応援したい好きなチームを選んでもらい、年会費6500円をお支払いすることで、参加できるファンクラブです。

入会特典としては、特典グッズのプレゼント、パブリックビューイング観戦チケットが半額、限定メルマガ配信、公式グッズの購入権などです。

サポーター入会はこちらから

■サポーター応援対象のチーム7つ

  • 赤坂ドリブンズ
  • EX風林火山
  • KONAMI 麻雀格闘倶楽部
  • 渋谷ABEMAS
  • セガサミーフェニックス
  • TEAM RAIDEN / 雷電
  • U-NEXT Pirates

特典:

  1. オリジナル名前入り会員カード発行
  2. オリジナル公式グッズ(チーム)プレゼント
  3. パブリックビューイングの観戦チケット割引
  4. ECサイトでの会員限定の公式グッズ販売(2019年1月開始予定)
  5. チーム最新情報や会員限定イベント・プレゼント情報をメルマガ配信(2019年1月開始予定)

Mリーグの公式グッズの購入方法は?

2019年1月から各チームごとの公式グッズを、専用販売サイトにて購入することができます。

レプリカユニフォームなど約40点が販売されていますが、購入できるのは「オフィシャルサポーター」のみとなっています。

オンラインストアはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました